崖っぷち舞台役者が婚活を始めたら英語がペラペラになりました

30代半ばの婚活難民が英語学習に流れ着き、TOEIC955点、英検準1級を取得。次なる目標は英検1級。留学なしでどこまでいけるか挑戦中。

洋書リーディングの入り口には心温まる『くまのプーさん』を。Learn to walk before you run.

こんにちは。

 

クリストファー・ロビンとプーさんのその後が『プーと大人になった僕』という邦題で実写映画化もされ、話題になったくまのプーさん。ディズニーキャラクターとしてもお馴染みで、関連グッズもたくさんありますが、原作は読んだことがないという方も意外と多いのでは?

プーと大人になった僕 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

プーと大人になった僕 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

今日は洋書リーディング初心者におすすめの作品、Winnie-the-Poohをご紹介します。

 

 

Winnie-the-Poohとは

ディズニーキャラクターでもお馴染みのくまのプーさんです。小説だけでなく、詩集の中にも登場します。作者であるA.A.ミルンが、息子であるクリストファー・ロビンとお気に入りのテディ・ベアに着想を得て書いたというのが素敵ですよね。物語の導入部に出てくるクリストファー・ロビンの愛らしい様子には、作者の愛を感じます。

f:id:AZenglish:20181016232620j:image

先日ご紹介した『リトル・チャロ』を一通り楽しんだ後、実際に出版されている洋書を読んでみたくなり、書店で手に取ったのがこのくまのプーさんシリーズでした。

 

英語のレベル

Winnie-the-Poohは、ネイティブの小学校低学年向けの児童書で、TOEIC470点英検準2級以上とのことです。が、難しい!!教科書英語しか知らなかったわたしは、小説らしい表現や単語に四苦八苦しました。

例えば、歩くことに関する表現。日本語の場合は擬態語を使うので、すたすた歩く、とぼとぼ歩く、よろよろ歩く等々、擬態語+歩くで表現できますよね。なのでどんな歩みであれ、”歩いている”ということは分かるのですが、英語の場合は単語そのものが変わります。walkを使わない”歩く”を表現する言葉がたくさんあるのです。同様に、言う・話すといった単語も、ニュアンスによって色んな単語があります。形容詞や副詞で知らないものがあっても、何となく意味を推測したり、読み飛ばすこともできますが、動詞が分からないと何が起こっているのか分からない初めての洋書リーディングということ知らない動詞が多く、調べるのに骨が折れました。

また、会話の中では主語が抜けていたり、文法を崩したような表現も多々出てきます。先日ご紹介した『家出のドリッピー』や『リトル・チャロ』は英語学習者向けとして基本的に”正しい”英語が使われていますが、Winnie-the-Poohは児童書とはいえネイティブ向けなので、口語や文学的な表現が使われています。詩集の方は初めて出会う英語の詩的な表現に、さらに苦戦しました。

そして何より、プーさんを始めとしたキャラクターたちが突拍子もないことを言い出したりしたりするので、分からないところを辞書に頼らず想像で補っていると、全く話の筋が分からなくなってしまうことも。そこがこの作品の魅力でもあるんですけどね。

さらには、森の植物や動物の名前などもたくさん出てくるので、身近だけど学校では習わない単語もわんさか出てきます。

 

くまのプーさんの魅力

ネガティブな面をたくさん述べてしまいましたが、その苦労を乗り越える価値はあります!

世界中で愛されている児童文学なだけあって、ユーモラスなキャラクターたちは皆不器用だけど優しく、温かいお話にとても癒されます現実社会のストレスを忘れて、ファンタジーの世界にすっと飛び込むことができます。

学習者には難しい単語も繰り返し何度も出てくるので、無理なく自然に覚えられます。これらの単語を使えるようになれば日常会話が豊かになりますし、自分の伝えたいニュアンスを表現できるようになってくるので、洋書多読という勉強法が効果的であることにも頷けます。

 

オーディオドラマでプーさんの世界を楽しむ

せっかくなら発音やリズムも確認しておきたいと思いオーディオCDも買いました。このCDがまた素晴らしいです。小説の世界観だけでなく、原作の楽しいリズムや音が豊かに表現されています。自分一人で文字と格闘していたら気付けない面白さを、耳で味わうことができるのでおススメです。個人的にはアメリカ英語の方が音として好みなのですが、このCDはピーター・デニスさんのドライなイギリス英語が、キャラクターたちの愛らしさと滑稽さを際立たせているので、聞いていてとても楽しいです。

 

わたしが実際に購入した本をご紹介します。リンク以外にも色んな出版社から出ているので、好みの装丁、挿絵、サイズ等で選べるのも嬉しいポイントです。

 

くまのプーさん登場

Winnie-the-Pooh (Puffin Modern Classics)

Winnie-the-Pooh (Puffin Modern Classics)

 続編にして完結編。ラストは涙を誘います。

The House at Pooh Corner (Winnie-the-Pooh)

The House at Pooh Corner (Winnie-the-Pooh)

 詩集。時々プーさんも登場します。

When We Were Very Young (Winnie-the-Pooh)

When We Were Very Young (Winnie-the-Pooh)

 こちらの詩集にもプーさんは登場しています。

Now We Are Six (Winnie-the-Pooh)

Now We Are Six (Winnie-the-Pooh)

 プーさんの世界を耳で味わうオーディオドラマCD。

A.A. Milne's Pooh Classics: Winnie-the-pooh/ the House at Pooh Corner/ When We Were Very Young/ Now We Are Six

A.A. Milne's Pooh Classics: Winnie-the-pooh/ the House at Pooh Corner/ When We Were Very Young/ Now We Are Six

いきなり英語だけで読むのは不安という方には、日本語の対訳を一緒に確認できる本もあります。

英語で読むクマのプーさん (IBC対訳ライブラリー)

英語で読むクマのプーさん (IBC対訳ライブラリー)

  • 作者: イクラス・アブドゥルハディ,A.A.ミルン,A.A. Milne,Ikhlas Abdul Hadi,牛原眞弓
  • 出版社/メーカー: IBCパブリッシング
  • 発売日: 2018/01/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

 

その他にもプーさんを題材にした英語教材はたくさんあるので、書店などでお好みのものを探してみてください。

 

この記事が皆さんの洋書リーディングの参考になれば嬉しいです。

 

***

Learn to walk before you run. :走るより前に歩き方を学べ