崖っぷち舞台役者が婚活を始めたら英語がペラペラになりました

30代半ばの婚活難民が英語学習に流れ着き、TOEIC955点、英検準1級を取得。次なる目標は英検1級。留学なしでどこまでいけるか挑戦中。

松本茂先生の講演会は英語学習者にも収穫が多かった。Seeing is believing.

こんにちは。

 

昨日はNHKの語学番組でおなじみの松本茂先生の『思考力育成と言語教育』という講演を聞きに行ってきました。難しそうなタイトルですが、語学学習者にも有益な情報が盛りだくさんの講演だったので、内容の一部をご紹介させていただきます。

f:id:AZenglish:20181020203816j:image

 

 

 

松本茂先生といえば

おとなの基礎英語(出演)、先日ご紹介したリトル・チャロ2(総監修)、速読速聴・英単語シリーズ(監修)と、思い返せばわたしの英語学習の側にはいつも松本先生がいます。英語を勉強し始めた友人にオススメの教材を聞かれた時は、いつも迷わず「速読速聴・英単語BASICとリトル・チャロで!」と答えているほどです。

さらには、英検準一級の勉強をしていた頃、語彙問題対策に速読速聴・英単語Coreを使用していたら、ライティングとスピーキング対策に速読速聴・英単語OpinionをおススメするTwitterのリプライを、松本先生自らが送ってくださったこともありました。ライティングはエッセイの書き方そのものを勉強していなかったので(ライティングをなめていました…)あまり成績が良くありませんでしたが、二次のスピーキングが英検用の対策本なしで好成績だったのは、このOpinionのお陰ととても感謝しています。

速読速聴・英単語 Opinion1100 ver.2 (速読速聴・英単語シリーズ)

速読速聴・英単語 Opinion1100 ver.2 (速読速聴・英単語シリーズ)

  • 作者: 松本茂、Robert L. Gaynor、Gail K. Oura,松本茂
  • 出版社/メーカー: Z会
  • 発売日: 2017/03/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

いざ、講演会へ

そんな松本先生の直接お話を聞ける場があるなんて!と迷わず予約したものの、会場に着いてみたら周りは大学生や学校の先生のような方々ばかり。制服を着た高校生の姿も。講演会のタイトルがタイトルだけに、教育に関わる方々が聞きに来ているようです。ただの学習者は場違いだったかもしれないと不安になりました。しかし同時に、大学の講義室の雰囲気を味わうのは久しぶりで、ワクワクもしながら開始を待ちました。

 

英語を学ぶなら、英語の学び方を知ろう

開始時間少し前。外語大の教授たちと共に現れた松本先生は、オトキソで見ていた雰囲気そのままに、柔らかい語り口で、丁寧に分かりやすく日本の言語教育の問題と改革ポイント、教育の現場で必要とされることについて話されました。特に、英語は体育や音楽のような実技科目と捉えるべきという話で、わたしが漠然と考えていたことがクリアに。

会場には、真剣に頷きながら話を聞いている参加者の方がたくさんいらっしゃいました。入試の英語4技能化に向けて、現場の先生たちにはご苦労やフラストレーションがたくさんあるんだろうなぁと、心から応援したい気持ちになりました。

一学習者としても、自分の英語学習に置き換えた場合、どうすれば使える英語を習得できるかを考える良い機会になりました。とくに、英語で思考するという体験が不足していることを実感。どうしても、日本語で考えたことを英語に翻訳する作業をしているなぁと。英語は+@の能力ではなく、ベースとして運用されるべき能力であるということを肝に銘じて、今後の学習を進めたいと思います。

さらに後半は、英語力を伸ばす三大要素(モティベーション、学習の時間/量、学びの発想と方法)と英語を使えるようにするPICサイクル®(Practice,Interaction,Communication)についてのお話でした。

松本先生が提唱されているPICサイクルの詳細については、こちらのサイトが参考になるかと思います↓

school.nikkei.co.jp

自分自身を振り返ってみると、個人学習の時間はとれているし、英会話教室で対話的学習はしているけれど、実践の時間が圧倒的に少ないです。PracticeとInteractionの間を行ったり来たりしているだけだなと。ここの改善が、英語学習の伸び悩みの突破口になりそうです。

逆に、仕事で英語が必要になってとりあえず英会話教室に通っているのに、英語力が伸びない!という方は、個人学習を見直すと、使える英語が身につくようになるのではないでしょうか。

 

頼もしい若者たちに出会う

最後の質疑応答の時間は、若い学部生の方や講師の方から次々アカデミックな質問が飛び出す熱い時間に!専門用語も飛び交い所々付いていけなかったのですが、松本先生は真摯に、かつ、一般の人にも分かりやすく答えていらっしゃいました。高校生の子も質問していて、しかもその内容が素晴らしく、印象的でした。大人ばかりの場で手を挙げて質問するって、勇気がいることだと思うんですよね。とても頼もしく、カッコいい女子高生でした。

 

以上、松本茂先生の講演会レポートでした。

 

松本先生のブログには英語に関する情報が。今回の講演会のことについても書かれています。↓

ameblo.jp

 こちらのホームページのブログには、使える英語表現が掲載されています↓

soudane.jp

 

***

Seeing is believing. :百聞は一見にしかず