とっさに疑問文を作れないコンプレックス解消のために『瞬間英作文』でトレーニングしました。

こんにちは。

皆さん、疑問文って咄嗟に作れますか?わたしはずっと苦手でした。ライティングであればじっくり考えられるので何とかなりますし、リスニングも問題ないのですが、スピーキングは詰まってしまうのです。

となると戦法はただ一つ。肯定文の語尾を上げてごまかす!「今わたし質問してますよ!!」と猛烈にアピールしながらすると皆さん一応こちらの意図を汲み取ってくださるので何とかなっていたのですが、中級クラスに進んだのにこれではさすがにまずいと思い、心を入れ替えてトレーニングしました。

本日ご紹介するのは『瞬間英作文ドリル』です。たくさんのサイトでレビューが書かれていますし、今さら紹介するまでもない教材ではありますが、わたしの経験談を書き綴りたいと思います。 

瞬間英作文ドリル

瞬間英作文とは?

英語学習を始めたら、とりあえずこのサイトを見ておけと言われるくらい有名なサイト、英語上達完全マップの管理者、森沢洋介さんが書かれたテキストです。   

mini版瞬間英作文ドリル (アスコムmini bookシリーズ)

mini版瞬間英作文ドリル (アスコムmini bookシリーズ)

 

中学生レベルの英語で瞬時に自分の言いたいことを言えるようにするトレーニング本で、日本語→英語がパッと出てくるようになるまで、ひたすら短い英作文を行います。何度も繰り返すうちに、サッと頭の中で英文が組み上がるようになっていきます。いわゆるパターンプラクティスです。

英会話を始めた頃、色んな方に勧めていただいたり、ネットでおススメ記事をたくさん見かけたのですが、「トレーニングなんて面倒くさい!わたしは楽しく勉強したいんだ!!」と逃げていました。その結果が、中級レベルになってもまともな疑問文で話せないという体たらく。さすがに実践を想定した訓練が必要だと、覚悟を決めました。

瞬間英作文で自分を追い込もう

書店かどこかで少し見ていただくと分かりますが、この本、瞬時に言えるようにというプレッシャーで頭にも心にもかなりの負荷がかかります

まず、咄嗟に英語が出てこない自分の不甲斐なさを思い知らされます。ビギナーの頃にこの本をやっていたらそうでもなかったのかもしれませんが、中級者であるという小さな>自信がへし折られていきます。そこを逃げずに耐えねばなりません。

何度も繰り返していくうちに、当然アウトプットは早くなっていきます。しかし”瞬間的”に英作文をしなければならないという負荷はいつまでも続きます。このプレッシャーに慣れたら、英会話の実践の場も平気になりそうです。

トレーニングの効果

わたしの場合、苦手な疑問文を改善するためだけに始めたので、3周くらい繰り返して辞めました。ですが確実に効果はあったと思います。文法も分かっているのに疑問文を作れないのは、経験不足が原因だったのだと思います。頭を慣らし、口も慣らしたことで、自然と疑問文で話せるようになりました。

日本語→英語のトレーニングは良くない?

英会話においては、日本語を介さずに、英語を英語で理解し、英語で考えて、英語で話すことが理想です。実際に”使える英語力”としてはこのレベルが求められます。ですので、日本語を英語に訳すこのトレーニング法について、異論のある方もいらっしゃることと思います。

しかし、ビギナーが日本語を介さずに英語を話すなんて無理な話です。大人になってしまっている以上、英語力より思考力が上回っています。思考はつたない英語のスピードを待ってはくれませんので、とっとと日本語で処理されてしまいます。

もちろん、日本語を介さないようにする意識なしには、いつまでも英語で思考できようにはならないと思います。しかし、その姿勢を崩さなければ、中級くらいの頃には自然と英語で思考する力はついていきます。言語能力が、思考力に追いついてくるので。(少なくともわたしはそうでした)

長い英語学習の道のりの中で、この本をしばらくやったというだけでは、日本語を介して話すクセがつくようなことはないので、そんなに神経質にならなくてもいいのではないでしょうか。

mini版『瞬間英作文ドリル』の難点

この記事のトップの写真を見て、既に違和感を感じた方も多いと思います。そうなんです。これ、有名な青い表紙の方ではなく、他の出版社から出ているmini版なんです!(もちろん著者とコンセプトは同じです。)

このmini版、ちょっと試しに買って使ってみるのには丁度いいお値段なのですが、大きな問題があります。それは、ダウンロードの音声の質が悪すぎること。

え?その辺の会議室で適当に録りました?ってレベルの雑音です。音楽編集ソフトで雑音を切って多少はマシになりましたが、わたしは聞き続ける気になりませんでした。(無料ダウンロードなので許容範囲、というレビューも見かけましたが、音声付きの教材なんて当たり前の時代ですからね…)

わたしは疑問文の為と割り切っていたので我慢できましたが、本腰を入れて取り組みたい方は、通常版を購入されることをおすすめします。 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 

迷える英語学習者の道しるべとなる、森沢さんの本はこちら↓

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

 

 

Today's proverb

Kill two birds with one stone.:一石二鳥