イギリス英語習得に最適!人気ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』はメディアミックスで学ぼう。

こんにちは。

英語を勉強しているとぶつかる壁のひとつ、リスニング。特に、各国のアクセントには苦戦します。英語を公用語とする国でも、各国の発音は全然違うので、それまでどの国の英語に触れてきたかで、得手不得手が変わりますよね。また、好みも大きく分かれます。しかし、日本の英語教育はアメリカ英語を基準としているため、販売されている教材もアメリカ英語のものが多いです。

苦手な国のアクセントに慣れるにも、好きなアクセントを身につけるのにも、ドラマや映画を使うのが最適!

今回はイギリス英語の勉強に特におススメの大人気ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』をご紹介します。

シャーロックのDVDとマンガとスクリプト

『SHERLOCK/シャーロック』とは

アーサー・コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』シリーズを現代に翻案したBBC製作のドラマです。世のシャーロック・ホームズファン、シャーロキアンたちを唸らせる緻密な脚本と、ハイクオリティな映像、俳優たちの名演で、世界中から熱狂的に愛される作品となっています。

わたしは中学生の頃、日本語訳のシャーロック・ホームズシリーズを夢中になって読んでいました。そのホームズが現代で活躍するなんて面白くない訳がない!と見始めたら見事にハマってしまいました。

1話完結、90分の推理ドラマで、まるで一本の映画を見ているかのような見応えがあります。2010年から放送が始まり、各シーズン3話が第4シーズンまでと、日本では劇場公開された特別編が製作されています。

2017年の第4シーズンがひとつのシリーズの終わりとされ、第5シーズン以降の製作の予定は未定のようです。

主演の二人が人気になりすぎましたし、このクオリティを維持するのは相当大変でしょうから、哀しいけれど仕方がないことかもしれません。

シャーロックで英語を学ぶメリット

このシャーロックで英語を学ぶメリットはたくさんあります。

最新のイギリス英語を学べる

まずはこれ。放送は2010年から2017年までと、新しいドラマですので、最新のイギリス英語が学べます。しかも、現代のテクノロジーを駆使して推理するストーリーですから、現代用語もバッチリです。

標準的なイギリス英語に触れられる

イギリス英語は地域によってアクセントが違うばかりか、階級によっても異なります

シャーロックを演じるベネディクト・カンバーバッチの英語は、舞台で鍛え上げられただけあってとても綺麗です。綺麗すぎるほどです。

標準的なイギリス英語を知るには、ワトソンを演じるマーティン・フリーマンの英語が最適です!彼はイギリスの容認発音(Received pronunciation)、標準的なBBC英語を話しています。

訛りはいけないことではないので、標準的な発音にこだわる必要はありません。そもそも容認発音で話すイギリス人はわずか数パーセントしかいないと言われていますしね。しかし、各種英語の試験のリスニングで使われるイギリス英語はこの容認発音であるということを考えると、BBC英語に慣れておいて損はないと思います。

各種メディアで学べる

人気作品ゆえ、シャーロックをきっかけに、ドラマ以外にもさまざまな手段で英語を学べます。

ドラマに関する記事やレビューを読むことで、リーディングの練習ができます。

さらに、日本ではメディアミックスが展開されており、シャーロックのマンガ版が『コミックエース』で連載されています。しかも、それがバイリンガル版コミックになって発売されているのです。

一度シャーロックの世界にハマってしまえば、そこから学習の幅がぐんと広がるのも、このドラマで英語を学ぶ魅力の1つですね。

英語のレベル

推理物なので単語のレベルが高めです。また、シャーロックの喋りも早いので、中級以上の方におススメします。

難しいと感じた場合は、日本語字幕やマンガでストーリーを掴んでから取り組んでみてください。

ドラマで学ぶ

Netflix等の映像配信サービスでも見られますが、わたしはDVDを手元に持っておきたい派なので、こちらを買いました。Sherlockシーズン1-4までと劇場公開された『忌まわしき花嫁』が全てセットになった、UK版のDVDです。 

なんとこれだけセットになって、5000円以下!PAL版の再生ができる機器を持っているのであれば、とってもお得です!!

撮影の舞台裏を描いた特典映像も盛りだくさんです。個人的には、第1話のパイロット版が面白かったです。実際に放送されたバージョンが作られるまでに、脚本も演出も映像も演技も、全てがブラッシュアップされたことが、とてもよく分かります。

世界中に熱狂的なファンを持つ人気ドラマになるまでには、試行錯誤があったんですね。

UK版のDVDには日本語字幕や吹き替えは付いていません。では、どうやって勉強するかといえば、次にご紹介するバイリンガルマンガと、スクリーン・プレイを使います。

バイリンガル漫画で学ぶ

再現度が高いと評判のマンガ版シャーロック。これを、元のドラマのセリフをそのまま使って英語学習者向けコミックにしたものが、バイリンガル版SHERLOCKです。 

吹き出しのセリフは、ドラマの台詞が使用されており、欄外には日本語訳もついています。わたしは、まずは英語字幕でDVDを見て、このマンガを読み、また英語字幕付きでDVDを見て、分からなければ再度マンガで確認、最後に英語字幕なしで鑑賞、という流れで学習しました。記憶の定着には、回数を増やすとともに、出会いのパターンを増やすことも有効です。映像で見て、マンガで読んでと繰り返すうちに、音もスペルも同時に覚えることができます!マンガなら字幕と違って、自分のペースで読み進められますしね。

ただし、このバイリンガル版マンガはシーズン1の全3話分しか発売されていません。ですから、残りのシーズン2〜4は英語字幕を使って自力で頑張るしかありません。しかし、それも英語中級者から上級者に向けて新たな一歩を踏み出すキッカケになります。大人気ドラマですから、ちょっと検索すれば、感想とともにあらすじをまとめてくださっているサイトもたくさん見つかります。あらすじを頼りに英語字幕で頑張ってみるのも楽しいですよ。

日本語字幕を頼らずに理解できた喜びと達成感は何物にも代えがたいですよね。

バイリンガル版 SHERLOCK ピンク色の研究

バイリンガル版 SHERLOCK ピンク色の研究

  • 作者: Jay.,スティーヴン・モファット,マーク・ゲイティス
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版
  • 発売日: 2015/06/10
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 
バイリンガル版 SHERLOCK 死を呼ぶ暗号

バイリンガル版 SHERLOCK 死を呼ぶ暗号

 
バイリンガル版 SHERLOCK 大いなるゲーム

バイリンガル版 SHERLOCK 大いなるゲーム

  • 作者: Jay.,スティーヴン・モファット、マーク・ゲイティス
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/02/10
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

スクリーン・プレイで学ぶ

劇場版のシャーロックには、映画のスクリプトで英語を学ぶ本、スクリーン・プレイがあります。このスクリーン・プレイを使えば、英語だけでなく、文化的背景まで学べます。

劇場版は、シャーロック・ホームズを現代に翻案したシャーロックを、シャーロック・ホームズの時代に戻すという、遊び心溢れる特別編です。本当にシャーロック・ホームズが好きな人たちが作っているドラマなんだなぁと感じます。

このスクリーン・プレイには、そんな『シャーロック 忌まわしき花嫁』の全セリフやト書きと対訳、シャーロキアンによる作品やセリフの解説まで入っています。

シャーロックファン、シャーロック・ホームズファンどちらも必携の一冊です!

シャーロック 忌まわしき花嫁 (スクリーンプレイ・シリーズ)

シャーロック 忌まわしき花嫁 (スクリーンプレイ・シリーズ)

  • 作者: 井?康仁(監修),樗木勇作,亀山太一,久米和代,山田千聡
  • 出版社/メーカー: フォーイン スクリーンプレイ事業部
  • 発売日: 2017/12/08
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

各種インタビューで学ぶ

シャーロックの世界にハマった方にチェックして欲しいのがこちら。ドラマの公式ホームページです。インタビューなどのコンテンツが充実しており、ファンにはたまらないサイトです。

www.bbc.co.uk

俳優やスタッフへのインタビューは、脚本に書かれたセリフではなく、生のイギリス英語に触れるチャンスです。字幕はありませんが、ドラマにまつわるエピソードなので、本編を見た方であれば予備知識もあるため、比較的理解しやすいと思います。

特に俳優さんたちの英語は明瞭で聞き取りやすいです。

関連記事で学ぶ

公式ホームページの他にも、ネット上にはシャーロックの情報が掲載されている記事がたくさんあります。第5シーズンに関する噂や、出演者たちの情報など、ゴシップ的なものまで豊富です。日本のファンが知らない情報が手に入るかも。

例えばこんな感じです。

www.independent.co.uk

www.express.co.uk

新作短編『シャーロック・ホームズ』のオーディオ・ドラマで学ぶ

こちらはシャーロックとシャーロック・ホームズのコラボのような作品。シャーロック・ホームズの設定を元に、ジョン・テイラーが書いた全く新しい4つの短編作品を、シャーロックを演じたベネディクト・カンバーバッチが読んだ、オーディオドラマです。

文字も映像もなくストーリーを理解するのはハードルが高いですが、ベネディクト・カンバーバッチの臨場感溢れる演技で、聴いていてとても楽しいです。シャーロック・ホームズに、ドラマのシャーロックっぽさを感じて思わずニヤリとしたり、彼がワトソンを演じているのも聴けるという、新たな楽しみがあります。マーティン・フリーマンのワトソンっぽさがほのかに漂うのも、シャーロックファンには堪りません。

下記リンクの商品は、日本にも発送可能です。

Benedict Cumberbatch Reads Sherlock Holmes' Rediscovered Railway Mysteries: Four original short stories (BBC)

Benedict Cumberbatch Reads Sherlock Holmes' Rediscovered Railway Mysteries: Four original short stories (BBC)

 

本家『シャーロック・ホームズ』シリーズで学ぶ

シャーロックの世界が好きなら、本家はいかがでしょうか。原作の『シャーロック・ホームズ』シリーズの全集が、なんとKindleで108円で手に入ります。4つの長編と56の短編がこの値段で読めるなんて、お得すぎますよね。

まだ全部は読み切れていませんが、簡潔な文体なので読みやすいです。100年以上前の小説ですが、現代の小説よりむしろ分かりやすく感じます。 

ドラマのシャーロックは、各話のタイトルを始め、シャーロック・ホームズにリンクするネタがふんだんにあります。

『シャーロック』と『シャーロック・ホームズ』の繋がりを見つけながら読んでみるのも楽しいと思います。

Sherlock Holmes: The Complete Collection [newly updated] (Golden Deer Classics) (English Edition)

Sherlock Holmes: The Complete Collection [newly updated] (Golden Deer Classics) (English Edition)

 

 

たくさんの方法でイギリス英語を学べるドラマ、『シャーロック/SHERLOCK』。とにかく面白いドラマなので、ぜひお試しください。

 

Today's proverb

Throw out a sprat to catch a mackerel.:海老で鯛を釣る