英会話の個人レッスンとグループレッスンってどっちがいいの?両方受けてみて感じたメリット・デメリット。

こんにちは。

英語学習を始めようとしたときに1番に思い浮かべる学習法は、英会話レッスンを受けることだと思います。でも英会話レッスンって種類がたくさんあって、どうやって選んだらいいのか分からなくなってしまいますよね。 特に、マンツーマンレッスンとグループレッスンのどちらを選ぶかは、その後の英語習得の過程に大きく影響します。

そこで今日は、3年間英会話レッスンを受けてきた体験から、英会話の個人レッスンとグループレッスン、両者のメリットとデメリットについてお話したいと思います。

f:id:AZenglish:20190603150119j:image

わたしの英会話レッスン受講歴

本題に入る前に、わたしのレッスン受講歴をお話したいと思います。私はこれまで主に3つ、体験レッスンを含めると5つの英会話レッスンを受けてきました。期間としては最長3年半程度ですから、そんなに経験豊富とは言えないかもしれませんが、各社のメリット・デメリットを比較ながら利用してきました!

レッスン

  •  2015年12月~現在 小規模英会話スクール(対面/グループレッスン/ネイティブ講師/週1回)
  •  2016年4月~2019年3月 職場の英会話教室(対面/グループレッスン/ネイティブ講師/週1回)
  •  2017年2月~2017年12月 Skype英語コーチング(オンライン/個人レッスン/日本人講師/週1回)

一つ目の英会話スクールは、英語を勉強し始めた時からずっと通っています。ここがなかったら、こんなに英語を好きになっていなかったかもしれません。職場の英会話教室は、仕事の後そのままレッスンが受けられる手軽さと、社内で知り合いが増える楽しさがあって続けていました。Skypeの英語コーチングは、友人がレッスンを始めるための実験台として受けていたのですが、彼から学んだ英語学習法は、今でも役に立っています

こうして改めて見てみると、我ながらしっかり英会話レッスンに時間(+お金)をかけてきたんだなぁと感じますね。

体験レッスン

  •  2017年11月 レアジョブ(オンライン/個人レッスン/外国人講師/2回)
  •  2017年12月 DMM英会話(オンライン/個人レッスン/外国人講師・日本人講師/3回)

こちらは近年人気の、格安Skype英会話の体験レッスン受講歴です。自宅でレッスンが受けられる、レッスン料が安いということで、英会話教室から乗り換えようか迷っていた時に受けてみました。結局個人的にはこの方法は合わないなぁと思い、体験レッスンで終わってしまいましたが、自宅で毎日レッスンが受けられる手軽さから、人気になるのも納得です。

良い講師に出会えるかどうかは運次第ですね。

個人レッスンとグループレッスンのメリットとデメリット

さて、それではわたしが感じたそれぞれのメリット・デメリットをお話ししたいと思います。

誰にでも合う英会話スクールの形式というものは存在しません。英語を学ぶ目的や生活環境、性格などによって、利用しやすく楽しいレッスンを受けれられるスクールは異なります。

皆さんのスクール選びの参考になれば嬉しいです。

ただし、わたしはこれまで、個人レッスンはオンラインで、グループレッスンは対面でしか受けたことがないので、情報に偏りがあると思います。あくまで、個人の体験談として参考にしてくださいね。

 個人レッスン

まずは個人レッスンのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

 自分の好みや目的に合わせたレッスン内容にできる

英語を学習する目的に合わせてスクール選びをすると思いますが、旅行前や試験前、出張前など、一時的にレッスン内容を変えたい時があると思います。そんな時は、融通のきく個人レッスンが断然有利です。英作文や資料の添削をしてもらえることもあります。

 自分のペースでレッスンが進む

カリキュラムの都合もありますが、基本的には、受講者が納得するまで教えてもらえるのが個人レッスンです。そのため、着実に力をつけることができます。グループレッスンで「分かりません」って言うのって、勇気がいるんですよね。

 話す・聞くのバランスが良い

先生と生徒の話す時間のバランスが取りやすいのが個人レッスンです。英語力を伸ばすには、インプットとアウトプットの両方が必要ですから、このバランスはとっても大事なんです。特に、インプットは自習でもできるので、レッスンではアウトプットの時間を確保したいですよね。

 レッスンの効率が良い

ほかの生徒さんのために割かれる時間がないので、レッスンの密度が高く、学習効率が上がります。また、マンツーマンで英語を話すというプレッシャーに慣れるので、レッスン外で英語で話す場面が訪れた時の緊張感がずいぶん和らぎます。忙しい日々の中で、ギュッと学べるのは魅力的ですよね。

 日本人同士英語で話すことへの照れがない

ビギナーの頃は特に、日本人同士で英語を話すことに抵抗があるという方も多いようです。先生と一対一なら、日本語の通じる日本人と英語で話す違和感を感じずにレッスンを受けることができます。仮に日本人講師でも、自分よりははるかに英語が話せる先生であれば、抵抗感は少ないと思います。学生時代に外国人の設定でパターンプラクティスをさせられたせいもあるかもしれませんが、恥ずかしいと思ってしまうと、英語もなかなか出てきませんよね。

デメリット

 ある程度のコミュニーケーション能力が必要

そもそも、ある一定の時間一対一で会話をし続けなくてはならないのが、英会話レッスンです。日本語であっても誰かと二人で話し続けるのは疲れてしまうという方には、結構しんどいと思います。先生もプロなので上手に会話を誘導してくれますが、それでもやっぱりこちらのコミュニケーション能力によって、レッスンの盛り上がりが変わります。

 先生との相性に左右されやすい

上で述べたように、英会話レッスンは先生とのコミュニケーションです。ですので、友人や同僚などでも相性があるように、先生との間にも相性があります。一対一だと他に逃げ場がないので、先生との相性がレッスンの楽しさに直結します。先生の選択肢があるスクールを選ぶか、合う先生が見つかるまで試してみるといいと思います。

 聞きたいことが聞けない

講師が日本語を話せないネイティブの場合、特に初級者には、聞きたいことを英語で聞くことが困難です。なんとか通じたものの、答えが聞き取れなかったり、ニュアンスが間違って伝わってしまったりして、結局もやっとした気持ちを抱えたままレッスンを終えることになってしまいます。分からなかったところがスッキリ解決しないと、レッスンの楽しさも半減してしまいますよね。

 身近な目標が見つけられない

マンツーマンレッスンを受け、レッスン外で英語を話す機会が少ない場合、英語話者の理想像が講師になってしまいます。当然ビギナーにはハードルが高すぎ、モチベーションが下がってしまったり、いつまでも成長できていないような気分に陥ったりします。同じ学習者で、自分より少し上のレベルの人の英語は、良い目標になりますよ。

 サボりやすい

個人レッスンは、人間関係が先生のみに限られるため、気楽な反面、受講生同士声を掛け合う機会がないので、サボろうと思ったら簡単にサボれてしまいます。グループレッスンであれば、先生だけでなく、他の生徒との交流もモチベーションの1つになるんです。「今日はやめておこうかなぁ…」なんて日もありますが、「今日はレッスン行きますかー?」という連絡をもらうと、思い腰をあげることができますよ。

 グループレッスン

今度は、グループレッスンのメリット・デメリットを挙げてみたいと思います。

メリット

 リラックスできる

グループレッスンは、他にも生徒がいるという安心感が大きいです。特にビギナーの頃、先生と一対一で一定時間話し続けるというのは、とてつもなく緊張するものです。グループレッスンならリラックスした雰囲気で学べるので、楽しく続けられます。特に、いきなりネイティブの先生とマンツーマンは緊張しますよね。

 他の人から英語を学べる

先生からだけでなく、同じ学習者からも英語は学べます。分からないところの質問の仕方、先生とのちょっとした受け答え等々、レッスンに役立つフレーズは、他の生徒の真似することでどんどん覚えられます。また、上達の早い生徒から、学習方法を学ぶこともできるんです。自分より英語力が少し上の方を目標にすることで、次のステップが明確になりますよ。

 分からないところを助けてもらえる

分からないのに質問できなかったところ、質問したけれど理解ができなかったところなど、レッスン後に他の生徒に確認することができます。また、レッスン中でも生徒同士協力し合うことができるので、モヤっとしたままレッスンを終えることが少ないです。また、レッスン中に生徒同士で助け合うときは、もちろん英語です。英語を英語で説明することで、使用できる語彙が増えていきますし、理解が深まります。仲間がいると初めてでも安心ですよね。

 複数での会話のトレーニングができる

英語で話す場面は様々ありますが、友人たちと談笑したり、会食したりと、複数で会話する機会は多いと思います。一対一で話す時に比べて、複数で話す時は、テンポよく会話に入っていくスキルが必要になります。迷っていては何一つ発言しないまま時間が過ぎてしまうのです。レッスン中は順番に発言の機会を与えられることもありますが、フリートークなどでは、思ったことをすぐに英語にしなくてはなりません。外国人の友達を作りたいという方には、複数で会話する良い練習になりますよ。

 英語学習仲間が見つかる

「英語の勉強を始めたい!」という人はたくさんいますが、実際に始める人はそのうちの一部、継続できる人はさらにその一部です。仲間が見つかれば、自然と学習のモチベーションが高まります。英語に関する情報交換もできますし、旅や海外出張、留学など、色んな海外体験談を聞くことができるのも楽しいですよ。お互いに刺激し合いながらレッスンを受けられるので、とても励みになります。

デメリット

 甘えてしまう

英語が一番上達するのは、「自分でなんとかしなくちゃ」と追い詰められたとき。それが、グループレッスンだと、誰かしらに助け舟を出してもらえるので、ついつい甘えてしまいがちになります。実践的に英語を使う場面では、自分で壁を乗り越える強さも必要になります。

 迷惑をかけていないか気になる

安くないレッスン料を払っているにも関わらず、ついつい周りを気にしてしまうのが、日本人の気質だと思います。周りの生徒さんたちの学習の邪魔をしてしまうのではないかと不安で、グループレッスンでは聞きたいことが聞けないという声が聞かれます。結局分からないまま進んでしまうので、レッスンで得られる知識が半減してしまいます。同じレベルの生徒同士が集まっているので、自分が疑問に思うことは、他の人も分からないことが多いんです。気にせず質問してみましょう。

 アウトプットの時間が短い

生徒の人数が増えれば、必然的にそれぞれが話す時間が短くなります。その分インプットが増えるわけですが、インプットだけなら自主学習でもできるんですよね。英会話レッスンは、アウトプットがメインの場所だと思います。せっかくスピーキングを練習できる場所なのに、一人一人が話す時間が短くなってしまうのは、グループレッスン最大のデメリットとも言えます。少人数制のレッスンを探したり、他の受講者からスピーキングのテクニックを盗むなど、デメリットをカバーする工夫が必要ですね。

 話さなくてもやった気になってしまう

上で述べたように、ただでさえグループレッスンは個々のアウトプットの時間が短いのですが、自分が話さなくても、他の人が話せば時間が過ぎてしまいます。そんな時に「今日はほとんど話せなかった…。次から頑張ろう!」と思えれば良いのですが、「今日も無事レッスンが終わった!」と感じてしまうと危険です。人の話を聞いているだけで、自分も出来ている気になってしまっているからです。同じレベルくらいの他の生徒の英語を聞いていると、簡単そうに聞こえると思いますが、自分で実際に話してみると難しいものなんです。グループレッスンは特に、自らチャレンジする意欲があるかないかで、英語の伸びが大きく変わりますよ。

 クラスのメンバーがレッスンの質を左右する

レッスンの質を決めるのは、講師だけではありません。生徒の積極性も大事なんです。マンツーマンレッスンなら、講師と二人でレッスンを作り上げていけば良いのですが、グループレッスンとなるとそうはいきません。やる気がなかったり、機嫌が悪かったりする生徒が一人でもいると、教室全体の雰囲気が暗くなり、レッスンが盛り上がらなくなってしまうこともあります。レッスンの質のコントロールが難いのはグループレッスンのデメリットのひとつです。逆に楽しいメンバーが集まると、マンツーマンレッスン以上に楽しくレッスンが受けられます。レッスンを楽しむことも、英語力アップのコツです。

英会話スクールのご紹介

わたしが実際にレッスンを受けたことのある英会話スクール/講師をご紹介します。どれも無料で体験レッスンが受けられるので、気になるものは気軽に試してみてください。

バイリンガルの友人が運営するオンライン英会話

英会話ビギナーから上級者まで安心してレッスンが受けられ、細かなニーズに対応できるのは、バイリンガル講師だと思います。オンラインレッスンにしては料金は高めですが、日英どちらの言語も流暢なバイリンガルという貴重な講師なので、充分料金以上の価値のあるレッスンが受けられると思います。

どちらも無料体験レッスンが受けられるので、ぜひお試しください!

オーストラリア人講師

シドニー在住の日系オーストラリア人講師が教えるオンライン英会話レッスンです。家の中では日本語、外では英語という環境で育ったバイリンガルなので、「ネイティブならどう言うの?」「この日本語に一番しっくりくる英語表現を教えて!」といったニーズにも答えてくれます。もちろん、発音は完璧なネイティブです。さらに、英語教授資格の中でも最難関であるCELTAを優秀な成績で取得しており、若くとも指導能力は抜群です。レッスン内容は、生徒の希望に合わせて完全カスタマイズ。英検などの日本の英語試験にも対応しています。

私が学習アドバイザーも担当しています。

school.inspire-english.net

CELTAを含む英語教授資格に関する詳細はこちらの記事をご覧ください。

www.inspire-english.net

日本人講師

こちらはフィンランド在住の日本人講師です。大学から英語を本格的に学び、オーストラリアでのワーホリも経て、ネイティブから見てもほぼ完璧な英語を話す元高校英語教師。さらに、北欧永住を目指し、フィンランド語とスウェーデン語を独学でマスターしたマルチリンガルで、語学習得の天才でもあります。彼が指導するのは、英語そのものではなく、語学習得のコツです。日本人が自力で英語を効率よく習得するためのノウハウを、余すことなく教えてくれます。

sonotasan.com

彼から教えてもらった学習記録を利用した学習法に関する記事はこちら。

www.inspire-english.net

体験レッスンを受けたオンライン英会話

オンライン英会話百花繚乱の時代ですが、わたしは大手2社の体験レッスンを受けてみました。似たようなサービス内容ですが、料金やレッスンのシステム、講師の国籍など、それぞれに特徴があります。豊富なレッスン素材から好きなものを選べるのは、大手ならではですね。

キャンペーンなどにより、無料体験レッスンを受けられる回数は変更があることがあるので、詳細は各サイトをご覧ください。

体験レッスン後に本契約しなくても、しつこい勧誘はありませんので、安心して試せますよ。

レアジョブ英会話

業界最大手のオンライン英会話。講師の国籍が幅広いので、さまざまな国の方とお話ししてみたい方にはぴったりです。

 

英語圏の先生でなくとも、皆さんペラペラです。

DMM英会話

フィリピン講師中心ですが、日本人講師も選べるのが大きな特徴だと思います。

日本人講師も試してみましたが、英語はかなりハイレベルな方でした。 

通っている英会話スクール

最後にわたしが英語を学び始めてから今までずっと通っている、名古屋の英会話スクールをご紹介します。

Power English

名古屋の中心部伏見にあるPower Englishは、名古屋で最も外国人の集まるスポーツバーの中にあります。イベントがたくさん開かれているので、講師や生徒同士の仲がとても良いです。レッスンの前後には、スポーツバーの店員さんやお客さんと英語で会話を楽しむこともできちゃいます。レッスンだけでなく、レッスンの外でも英語力を伸ばせる環境が整った、カジュアルで楽しい英会話スクールです。グループレッスンと個人レッスンが選べます。お近くの方は、お気軽に無料体験レッスンを受けてみてください。

www.powerenglish.jp

異国ムード漂う店内は必見です。

まとめ

本日のまとめはこちら。

Point

個人レッスンとグループレッスンは、どちらもメリット・デメリットがあります。
一人の気楽さとレッスン効率抜群の個人レッスンと、生徒同士の交流も楽しく、英語学習の情報交換もできるグループレッスン。
学習の目的や性格に合わせて使い分けてみてください!

スカイプでも対面でも、無料体験レッスンを受けられるスクールがたくさんあります。体験レッスン後入会しなかったからといって、嫌な顔をされることはありません。万が一勧誘がしつこいスクールだったとしたら、入会したところで、契約更新の際にまた嫌な思いをするだけですしね。

納得がいくまで試して選んでください!

 

Today's proverb

Different strokes for different folks.:人が違うとやり方も違う